日々の事&レシピ&etc
2018 / 06   «« »»
01
F
 
02
S
03
S
 
04
M
05
T
 
06
W
07
T
08
F
 
09
S
10
S
 
11
M
 
12
T
13
W
 
14
T
15
F
 
16
S
17
S
 
18
M
19
T
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
30
S
 
 
Counter
total : 627986
yesterday : 005 / today : 003

Menu

Profile
パンジーの事

素敵なスクリプト配布サイトさんはこちらです

Pickup Photo!

Category

RSS & Atom Feed
日々の事&レシピ&etc
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
ワンニャンズ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
日々の事
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
十九歳のポエム
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
子どものポエム
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
世界に一つ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
肉類
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
魚貝類
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
野菜料理
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
卵:乾物:豆腐類
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
ご飯:パン:麺類
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
その他の料理
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
楽しいネット♪
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
ゲッターさん
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Recent Diary


Pageview Ranking

Search

Online Status

2004/03/21


白玉団子のフルーツ添え

白玉団子のフルーツ添え

[材料]
白玉粉
フルーツお好みで

--------------------------------------------------------------------------------
[作り方]
白玉粉をボールに取り
少しずつ水を注ぎながらこねます。
耳たぶくらいの堅さが、丁度いいです。
熱湯に入れ茹でます。
上に浮き上がって来たら1分ほど置き
すくって冷水に取り、粗熱を取ります。

フルーツと一緒に盛り付け
蜜をかけます。
フルーツ缶詰の蜜を利用すると簡単です。

写真上はフルーツ缶詰を利用しています。
写真下は、甘夏柑に砂糖蜜の熱いのをかけて漬け込み
その中に白玉団子を入れました。
posted at 2004/07/07 14:14:04
lastupdate at 2004/07/07 14:14:04
edit
 
2004/03/24



白玉団子のぜんざい

[材料]
白玉粉
小豆
砂糖
塩少々

--------------------------------------------------------------------------------
[作り方]
白玉団子の作り方は
袋にも書いてあるので
それを参考にして下さいd(^-^)ネ!

小豆は炊く少し前に水に浸して置くと
煮えやすいです。
直ぐに炊いても、勿論OKです。

綺麗に洗って火にかけ、沸騰したら
アク抜きのため、一旦湯を捨てます。
新しく水を注ぎ、火に掛けて
柔らかくなるまで煮ます。
砂糖は、何回かに分けて入れると
甘さが増します。
仕上げに塩を少々入れます。
posted at 2004/07/07 14:15:28
lastupdate at 2005/06/21 18:39:20
edit
 
2004/04/01



梅の実の砂糖煮

[材料]
梅ジュースの後の梅
砂糖

--------------------------------------------------------------------------------
[作り方]
梅雨に入ってから、食後に何時も食べるもの。
梅の砂糖煮。
昨年の梅ジュースの後の、実を取り出して
砂糖で煮詰めてます。
これが、とっても美味しくて、お昼ご飯の後に
食べるのが、習慣になりました。

梅を煮る時は、ホーロー製か、耐熱ガラス製で
して下さいネ。
posted at 2004/07/07 14:17:28
lastupdate at 2005/06/21 18:38:59
edit
 
2004/04/02


[材料]
青梅=1キロ:砂糖=700グラム


--------------------------------------------------------------------------------
[作り方]
青梅は洗って、水に1〜2時間つける。
ザルに上げて、水気をよく拭く。
竹串でへたを取る。

砂糖は、耐熱ガラス製か
ホーロー製のボールに、入れておきます。

青梅のみぞの部分を上にして、まな板の上で
木しゃもじで、押して実を割ります。

種を取り(取れないものはそのままでもいいです)
砂糖の中に、埋めていきます。
全部入れたら、良く混ぜます。

ラップをかけて、一晩置きます。

梅から水が出て、砂糖が殆ど溶けたら
梅を保存容器に取り出します。

手でじかに触れないように、して下さい。

残った砂糖水を、網でこして、ホーロー鍋で
アクを取りながら、砂糖を煮溶かし、良く冷まします。

冷めた砂糖水を、梅にかけて、冷蔵庫で保存します。
4〜5日したら、食べられますが、1ヶ月くらい置くと
味が馴染んで、美味しくなります。

梅シロップは、お子様も飲めます。
夏の疲労回復に、最適です。
息子はウーロン茶で、割ったりして、飲みます。
大好きです。
大人はアルコールで割ると、美味しいです。
posted at 2004/07/07 14:18:57
lastupdate at 2004/07/07 14:18:57
edit
 
2004/04/06



フルーツサラダ

[材料]
オレンジ:キウイ:バナナ:チェリー
その他お好きなフルーツ
レモン汁:プレーンヨーグルト
砂糖:塩:ブランデー各少々

--------------------------------------------------------------------------------
[作り方]
フルーツは皮をむき、適当な大きさに切る。

ヨーグルトカップ1
砂糖大さじ1:ブランデー:塩
レモン汁を合わせて、ヨーグルトソースを作る。
器に盛り付けて、冷やし、食べる直前に
ソースをかけ、チェリーを飾ります。
posted at 2004/07/07 14:27:54
lastupdate at 2005/06/21 18:38:14
edit
 
2004/06/01


[材料]
梅4キロ:焼酎(35度のホワイトリカー)カップ2
別に、消毒用に焼酎を用意しておきます。
粗塩(私は伯方の塩を使っています)
400グラム(梅の10%)
これだけでは、カビが不安なので
私は最後にもう一握り、塩を追加します。

赤シソの葉が店頭に出たら4束(正味1キロ)
粗塩60グラム



--------------------------------------------------------------------------------
[作り方]
梅はさっと水洗いし
かぶるくらいの水につけて4〜5時間置きます。
この時に黒い斑点が出た梅は、捨てます。

盆ザルに上げて水気を切り
乾いた布巾で、丹念に水気を拭きます。

竹串の先で、へたを取り除きます。

容器は綺麗に洗って、天日で干し
梅をつける時に、焼酎で拭きます。


分量の粗塩の中から一握りを取り
容器の底が見えないように敷く。
梅を2段ほど入れ、塩を振りを交互にする。

最後の塩は、多目に残しておきます。

梅が最後になったら
塩を入れる前に焼酎を回しかけます。
残った塩と、もう一握りの塩をまんべんなく
かぶせます。

落し蓋(無い時はガラス製のお皿でもいいです)をし
8キロくらいの重石を、梅に均一にかかるように乗せます。

翌日から一日一回重石と落し蓋を取り
容器ごとあおるようにゆすります。
こうすると、塩が満遍なくまわり、水が早く上がります。

4〜5日たって、漬け汁が落し蓋の上に上がったら
重石を4キロに減らし、赤シソが出るまで、置きます。



*赤シソは、葉の縮れた新鮮な物を選んで下さい。
*茎の先の方から根の方に向けて手でしごきとります。
*たっぷりの水でザブザブと、洗います。
土などよく落として下さい。
*水気を切ります。
*ボールに入れて、塩30グラムを振って軽く混ぜ
しばらく置きます。
*葉がしんなりして来たら、両手で強く押すようにもむ。
*黒いアク汁は強く絞って捨てます。
*ボールを綺麗に洗い、赤シソを残りの塩でよくもみ
出た汁は捨てます。
*ガラスかホーロー製のボールに入れ
梅から上がった白梅酢をかけて、葉をほぐします。
*白梅酢が綺麗な赤色に染まります。
 (これ、ちょっと感動です)
*漬け梅の上に覆い赤い梅酢をかけます。
*落し蓋をして、2キロの重石をし、蓋をし
*虫やゴミを避けるため、新聞などで覆い
日が当らない、風通しのいい場所で、土用まで置きます。
*時々開けて、カビが来ていないか、点検します。
*7月20日頃からの、晴天が続きそうな日を選び干します。
*梅もシソも、3日3晩干します。
*梅酢も太陽に当てると、色が益々綺麗に出ます。
ラップでカバーして、日に当てます。
*この時、梅は手でさわらないようにして下さい。
*ばい菌で、カビの原因になったりします。
*晴天に恵まれない時は、家の中でもOKです。
*晴れたらこまめに日に当てます。(自然の消毒が大切です)
*干し終わったら、元の容器に戻し
平たいガラス製のお皿などで
軽く重石をし、蓋をして
きっちりと覆い保存します。
*10日くらいで梅酢が、ひたひたに上がって来たら
重石を取り、蓋をして保存します。
*10日くらい経つと、新漬けがいただけます。
posted at 2004/07/07 15:03:45
lastupdate at 2004/07/07 15:03:45
edit
 
2004/06/07



梅の季節

今年も梅の季節が来ました。
毎年、息子に梅ジュースを作ります。
梅と氷砂糖、ホワイトリカー少々があれば
簡単に出来ます。
夏の疲労回復に、役立ってくれる事でしょう。
posted at 2004/07/07 15:06:17
lastupdate at 2005/06/21 18:35:27
edit
 
2004/11/10



コーヒーゼリー

今日は彼のリクエストで、コーヒーゼリーを
作りました。
~ d(o)b~

材料

ゼラチンパウダー 5グラム
熱湯         50CC
インスタントコーヒー 大さじ2
砂糖         大さじ2
水  250CC

生クリーム  大さじ2
あれば、ブランデー数滴

作り方

ゼラチンは、50CCの熱湯でよく混ぜて
溶かしておきます。

インスタントコーヒー、砂糖、水を入れて煮溶かします。
型に流しいれて、荒熱を取ってから、冷蔵庫で
一時間以上冷やします。
仕上げに、生クリームを添えます。

そのままブランデーを数滴落としたものを
かけてもいいし、ホイップにして搾り出しても
どちらでも。

彼には、甘いのが好きなので、ホイップに♪
posted at 2004/11/10 20:22:34
lastupdate at 2005/06/21 18:32:47
edit
 
2005/06/18


ときどき曇り

梅ジュース

昨日、面接の帰り道、スーパーに寄ったら
熟れかかった梅が、売られていた。
う〜ん、甘酸っぱいあの香り。
息子は、梅ジュースが大好き。
部活をしていた時も、疲労回復に重宝していた。

「今年も作ってな」のリクエストに応えて
昨夜、一晩水に浸して、アク抜きをしたものを
今朝漬け込んだ。
氷砂糖が、少しずつ浸透して行く様子が
また楽しみ。

[材料]
梅・・・やや熟して来たもの1キロ
氷砂糖   1キロ
ホワイトリカー  カップ半分ほど

[作り方]
梅はさっと水洗いし
かぶるくらいの水につけて4〜5時間置きます。
この時に黒い斑点が出た梅は、捨てます。

盆ザルに上げて水気を切り
乾いた布巾で、丹念に水気を拭きます。

竹串の先で、へたを取り除きます。
竹串で、梅にポツポツ穴を開けるか、皮をむきます。
私は今まで、竹串派でしたが、皮をむくほうが
ジュースが、沢山出るそうです。

容器は綺麗に洗って、天日で干しするか
熱湯を回しかけて、消毒します。

広口ビンに、氷砂糖を少し敷いて、梅を並べて行きます。
氷砂糖、梅、交互に詰めて行きます。
最後に、ホワイトリカーをかけます。

呼び水代わりになるのと、消毒になります。
気温が高いと、発酵してしまう事が多いので
冷蔵庫で、保存します。
時々、ゆすって、満遍なくジュースがいきわたるようにします。
2、3週間すれば、甘いジュースが、出来上がります。

大人には、アルコール類で、カクテルに
子どもたちには、ジュースに。


posted at 2005/06/18 9:53:55
lastupdate at 2005/06/30 12:27:25
edit
 
2007/01/13


ホットケーキミックスで、クレープが作れると
ネットで紹介されていたので
「かぼちゃのクレープ巻き揚げ」
を作る時に、利用しました。
普通のクレープを焼くのは、少し面倒な時
これで、結構間に合います。
便利な冷凍クレープも、売ってるそうですが
こちら辺りでは、売ってないので。

ホットケーキミックスで

posted at 2007/01/13 21:53:35
lastupdate at 2007/08/20 20:56:36
edit
 



copyright (c) 2004 パンジー